シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、露真珠化粧品シリーズ。8点入りトライアルセット
毛穴対策に、話題のターンオーバー正常化化粧品「露真珠コスメ」シリーズ トライアルセット販売中!

 

毛穴黒ずみを取る方法

毛穴黒すみを取る方法1

毛穴をの黒ずみを採る方法は色々な方法があります。
よく毛穴パックというものがドラックストアで売っています。
その毛穴パックは、水分をたっぷりつけた鼻に毛穴パックをすることで、しばらくするとぱりぱりに毛穴パックがなり、ゆっくりとはずすと、毛穴パックにたっぷりととれた角栓がついてきます。
そうすることで、毛穴についてしまった黒ずみをとることができます。
けれども、毛穴パックは毛穴にはいってしまった黒ずみを強引に取ることでついてしまった角栓を取ることになりますから、お肌にはあまりいいものではありません。
毛穴パックの説明書にも一度おこなったら、何週間かあけてから次のパックを行うようにしましょうとかかれてあります。

説明書をよく読み気を付けてつかうようにしましょう。
他に家にあるものなどを使って黒ずみをすっきりさせる方法を紹介します。

○重曹でパックをする方法

重曹を手に取って少しの水でませます。
軟らかくなりすぎず、少し硬めに練り上げます。
毛穴がきになるところに覆うようにぬって、10分から15分くらい待ってから、むるま湯か水で洗い流します。
重曹はお肌にとてもいいですから、お肌にも影響をあたえることなく、黒ずみをすっきりすることができます。

○コットンでパックする方法

クレンジングでしっかりと化粧をおとしてから洗顔も行います。
そしてそのあとも毎日のスキンケアをしっかり行ってお肌を整えます。
そのあとに化粧水をコットンにしっかりしみこませて、毎朝、毎晩、5分間くらい、毛穴の気になる部分にパックをします。
そうすることでうるおいが与えられて毛穴が開き、黒ずみをとることができます。

○たまごでパックをする方法
たまごの殻に残っている卵白を指ですくって気になる毛穴部分にぬります。
その卵白が乾いてぱりぱりになってきたら、水で洗い流します。
毎日行う事でつるつるになって黒ずみを取ることができます。

以下のように、ドラックストアなどに売っているような毛穴パックを使わずにいえにあるものだけで黒ずみをすっきりさせることができるのです。
たまごでパックする方法では、
毎日の料理をするときに、つかったたまごの殻を捨てるまえに残っていた卵白をちょっとすくって毛穴にぬるだけでつるつるになるのですから、
簡単におこなうことができます。

 

Page top